atoiuma’s blog

人生あっという間。マイペースにおもしろく。

体調不良の中、はたらく細胞を観て

今週の初めくらいから体調が優れない。まあ風邪だろうなあと思っていたら、発熱。腹痛もひどく、痛みで眠れない日々が続いた。

 

これはちょっとまずいってことで医者にかかったら、溶連菌を疑われ、検査。結果は陰性だったけれど、それに近い症状が出ているとのことで、ちょっとめんどくさいことになっている。

 

病気って本当に良くない。何とかポジティブに対処しようとしているけど、本当にめんど臭いし、しんどい。

 

ふと、文筆家の池田晶子さんのエッセイで、「人間の体は自然そのものである」という話を思い出した。この体は私のものではなく、自然。コントロールはできない。心臓は勝手に動くし、胃は勝手に食べ物を消化する。良くできた自然のシステムの中で私たちは生きていると。

 

そのシステムが外部からの細菌侵入によって崩されて不調が発生しているわけだ。それに対して私ができるのは、せいぜい薬を飲むことと安静にしていることくらい。無力感。これからどんどん歳をとっていくとこういうシーンが増えていくんだろうなあ。嫌だなあ。でもそれが「自然」だからしょうがない。犬も猫も植物もみんな生まれて老いて死ぬわけだし。

 

ってなことをぼーっと考えているところに、ネットフリックスで面白いアニメを見つけた。「はたらく細胞」というタイトル。人間の体の中が舞台で、白血球や赤血球などがキャラクターとなって物語が展開されていく。

hataraku-saibou.com

 

これがすごい楽しい。一気に観てしまった。マクロファージやNK細胞、出血性ショックにキラーT細胞など多くのことを楽しみながら学べた。面白い。人体の仕組み、面白い!そして血小板可愛い!これ、医療関係で働きたい学生さんとか読むと楽しく基礎知識が学べていいと思う。

 

これを観ると、熱が上がってきても「よし、白血球さん、頑張ってくれよ!」なんて頭の中で想像してニヤニヤしたりできるようになる。そういうのって地味に重要だと思う。

 

それにしても、21世紀の人類はips細胞とかやってるわけだけど、すごいねほんと。もともと私たちはお猿さんだったわけで、何も知らないし、知恵もなかった。そこからここまで来る間に一体どれだけの解剖、観察、実験が必要だったのだろう。研究結果を口伝したり紙に残したりして蓄積し、巨人の肩に乗っかりながら人類を前進させる。その作業が延々と繰り返される中で、人間はここまで発達してきた。人類よ、素晴らしい!本当に感動的だ。自然、良く出来てる!誰が作ったんだか知らないけど、いやあ面白いわこの世の理。

 

こういう考え方をしていくと、いろんなものに感謝できるようになってくる。今があるのは過去のおかげなのだと。過去には気が遠くなるくらいの年月があって、人間が生まれ、死んだ。その蓄積の上に今がある。薬だって多くの治験ボランティアの人の協力があって安全だと証明されたからこそ世に出回るわけで。

 

普段はこんなこと考えない。やはり体調不良モードはしんどくて生き死にについて考えちゃったり健康のありがたみを痛感したりするから別思考になる。それはそれで面白いので楽しむことにする。

 

でも早く健康になりたい。元気になったらきっと忘れちゃうんだろうなあ。。。

 

セブで食った美味いもの番外編 ハロハロとルートビアと抹茶チョコケーキ

初回、sisig。
hirosweets.hatenablog.com

 

2回目、ホタテ。

hirosweets.hatenablog.com

 

3回目、カキ。

hirosweets.hatenablog.com

 

4回目、バインミー的なやつ。

hirosweets.hatenablog.com

 

 

そして今回はスイーツを。フィリピンデザートで有名なハロハロと、沖縄のA&Wで飲み放題のルートビア、そして抹茶チョコケーキ。

 

ちなみに、フィリピンでも私が愛してやまないモンブラン巡りをしようと思ったのだけど、どうやら存在しないみたいです。現地の人に写真を見せたら「何だそれは?」と言われました。そういえば、タイでも同じような対応をされた気がする。東南アジアではモンブランは存在しないのかもしれない。

 

Mang Inasal

f:id:atoiuma:20190521194322j:plain



場所

 観光地であるマゼランの十字架近くにあります。

 

f:id:atoiuma:20190521194335j:plain

特徴的なのは、やはり紫色のアイスでしょう。ウベ味。ウベはフィリピンの名産品だか知らないが、マニラに行った時もよく見かけた。好きな味なので嬉しい。下にはフルーツやらゼリーやらかき氷やらがある。

 

ルートビア

f:id:atoiuma:20190523135324j:plain

セブンイレブンで売ってます。ゼロカロリールートビアを初めて見た。もちろん買って飲んだ。美味しかった!日本にも置いてくれればいいのに。。。

 

f:id:atoiuma:20190523135329j:plain

50円しない!安い!

 

The Coffee Bean & Tea Leaf

f:id:atoiuma:20190523150601j:plain

日本にも何店舗かあるらしい。ワイファイもあるし広いしナイス。

 

場所 

 

f:id:atoiuma:20190523150604j:plain

美味しそうなのでこれに決める。

f:id:atoiuma:20190523150609j:plain

結構でかい。

 

f:id:atoiuma:20190523150612j:plain

中身はチョコレートスポンジ。濃厚な抹茶クリームとチョコスポンジがマッチして美味しい。これを食べながらセブから帰るブログを書いていた。最後の晩餐。

 

まとめ

スイーツはもうちょっと真剣に探しても良かったかもしれない。なんか「これめっちゃうまい!」というほどのものには出会えなかった。次回はもっと入念にチェックしてみよう。

 

セブで食った美味いもの④ バインミー的なやつ

初回はsisig

hirosweets.hatenablog.com

 

2回目は、ホタテ。

hirosweets.hatenablog.com

 

3回目は、カキ。

hirosweets.hatenablog.com

 

そして4回目である今回は、バインミー的なやつ!曖昧だし情報もあまりメモしてないのですが、すんごく美味しかったので。

 

Turks

f:id:atoiuma:20190521160734j:plain

 

場所

アヤラモールの中にあります。チェーン店なんで、他にもきっといっぱいあります。

 

f:id:atoiuma:20190521160708j:plain

 

f:id:atoiuma:20190521160725j:plain

ベトナムバインミーを彷彿とさせる味ですんごく美味しかった。値段は忘れたけど、200円もしないと思う。

 

いくら何でもあまりに情報が雑なので、ちょっと調べて見たらこちらのページの方がずっとわかりやすいし情報量も多い。勉強になる。

http://3d-universal.com/blogs/2018/03/セブで人気のケバブショップ【turksタークス】をご.html

 

まとめ

とにかくセブに来たら、Turksに行って食べてみましょう。美味いです。

セブで食った美味いもの③ カキ!カキ!カキ!

初回は、フィリピン料理シシグ。

hirosweets.hatenablog.com

 

2回目は、ホタテのバター焼き。

hirosweets.hatenablog.com

 

そして3回目となる今回は、カキだ!オイスターだ!美味いぞ!

 

Charcoal Boy(チャーコール ボーイ)

f:id:atoiuma:20190520194415j:plain

 

場所

チェーン店なのであちこちにあるかと。

 

f:id:atoiuma:20190520194421j:plain

 安いぞ。。。

 

Baked Cheese & Garlicをオーダーした。

f:id:atoiuma:20190520194426j:plain

うっわー、美味しそう!もちろん、美味しい。前回のホタテもそうだったけど、甘い味付け。いいね!

 

美味すぎたので、別日に再訪したら、20時過ぎでもう売り切れちゃっていた。なんだそれ!閉店は22時だぞ!悔しかったなあ。。。。でも店員さんが笑顔で気持ちよく接してくれるので、おけ。

 

まとめ

カキが好きなら是非とも!生はちょっと怖かったのでやめておいたけど、試してみてもいいかもしれない!

 

セブで食った美味いもの② ホタテのバター焼き(Baked Scallops)

セブから帰ってきて10日ほど。熱が出た。まあいいや、忘れないうちに書いていこう。

 

前回は、sisigについて書いた。

hirosweets.hatenablog.com

 

今回は、ホタテのバター焼き(Baked Scallops)。

 

フィリピンの友人からのオススメレストランで出会った至高の味を紹介しましょう!

 

STK ta Bay!

f:id:atoiuma:20190520183627j:plain

 いいですねー、東南アジア感が伝わってくる!また行きたいぞ!

 

場所

 

 

f:id:atoiuma:20190520183719j:plain

お昼過ぎに行ったけど、なかなか賑わっている。

 

f:id:atoiuma:20190520183723j:plain

メモとか日記とか色々書きながら待つ。

 

事前にメニューを調べることなく、友人のオススメ商品を2品頼んだ。何が来るのかわからないって楽しい。

 

10分くらい待ったところで、1品目が来ましたよ!これがBaked Scallops!

f:id:atoiuma:20190520183727j:plain

うわああああ、めちゃくちゃ美味い!甘めのバターテイスト。美味すぎて店員さんに「デリシャス!」と伝えた。笑顔で対応してくれた店員さんに癒された。いいぞ、セブ!

 

で、もう一個レコメンドの品。ナンジャコリャ。。。名前はクリスピーパタ(crispy pata)。豚肉らしい。それにしても量が多いぞ!

f:id:atoiuma:20190520183734j:plain

ナイフとフォークの刺さり方が野蛮。なんだこれ、そそるぞ!

 

ケンタッキーを食ってる感覚がした。味がどうというよりも、食べ切らなくちゃという思いに狩られていたのであまり覚えていない。あとから聞いたら、これって2−3人で食べるメニューらしい。やられた。。。

 

f:id:atoiuma:20190520183737j:plain

フォークがすごくでかいのが伝わるだろうか。。。

 

金額は、ホタテちゃんが160peso,豚肉が495pesoだから、350円と1000円くらいか。安い。お腹いっぱい。

 

まとめ

Baked Scallopsは凄まじく美味しかったので強くオススメ。また食べたい。crispy pataは是非とも友人たちと一緒に楽しんでください!

 

去年マニラを訪れたときは現地の料理を食べる機会がなかったので今回の旅は本当に嬉しい。やっぱり現地感を味わわないと!

 

続く。

セブで食った美味いもの① フィリピン料理sisig(シシグ)

旅に出る時、観光はあまりしない。それよりも、街を観察し、人と触れ合い、現地のものを食べるようにしている。

 

というわけで、セブで食べて美味しかったものをメモメモ。美味しいもの、結構ありましたよ。

 

まず最初は、フィリピン料理シシグ

 

ジェリーズ

f:id:atoiuma:20190518095008j:plain

 

f:id:atoiuma:20190518095014j:plain

oh sisig!

 

場所

ロビンソンガレリアの中にあります。アヤラモールにもあった気がする。ショッピングモールには結構入ってるお店なのかもしれない。

 

飲み物を最初にオーダー。東南アジアに来たらスイカジュースと相場が決まっている。ラオスでもタイでもスイカジュース。美味しいんです、これ。63ペソ(約130円)。大体2倍すれば日本円になります。

f:id:atoiuma:20190518095024j:plain

 

さて、しばらくするとメインディッシュ到着。美味そう!

f:id:atoiuma:20190518095038j:plain

シシグとは、豚肉を細かく刻んだもの。卵を添えることも多い。なお、茶色いものはクリスピーで食感最高。ちょっとしょっぱくて、ごはんがススムくん。すんごく美味しい。ニヤニヤしてあっという間に平らげた。225ペソ。卵をつけたので、プラス15ペソ。大体500円くらいか。ライスは100円ほど。ガーリックライスもあって美味しい。

 

あまりに美味しかったので、ホテルに帰ったあと、グラブフード(ウーバーイーツみたいなもの。出前サービス)でオーダーした。それが、こちら。

f:id:atoiuma:20190518095044j:plain

もちろん美味しかったけれど、クリスピーはなかった。シシグといっても店によって色々あるのかもですね。ジェリーズのシシグの方が圧倒的に美味しいなと。

 

ちなみにちなみに。

 

日本ではあちこちに信号があるし、歩行者優先だし、交通量も大したことないから通りを渡ることになんのストレスもない。ところが、セブは違う。車とバイク、ジプニーが絶えず走っているし、自動車優先だし、信号もない。よって、通りを渡るということがなかなかストレス。うまくタイミングを見つけて、交通量の多い通りをえいや!と突っ込んでかないといけない。地元の人も怖がっている人がいるくらい。

 

何が言いたいかっていうと、日本よりもずっと外出がメンドくさい。だから、デリバリーサービスってありがたいよ。部屋に運んでくれる価値が、日本よりもずっと高い。そういう話。

 

では、また。

レンタルなんもしない人のドキュメンタリーを観て

面白い人がいるぞと聞いて、チェックしてみた。

www.nhk.or.jp

 

ざっくり説明

なんもしない人さんのプロフィールは、35歳男性。奥さんと1歳半の子供がいる。院卒で出版社を3年ほどやって退職。そのあとは職を転々とし、今のサービスを始めたそうだ。

 

サービスの内容として、本当に「なんもしない」。会話をちょろっとして、あとはそこにいるだけ。料金は、国分寺駅からかかった交通費と、飲み食いにかかった金額だけ。つまり、利益はない。

 

単純な疑問として、番組で高校生も質問していたけど、どうやって生計を立てているのだろうか。小さいお子さんもいるんだぜ。

 

答えは、「貯金を切り崩している」だった。それはそれは。

 

感想

こういうよくわからない人たちって増えてきた感じがある。

 

キングコング西野さんの本にあったホームレス小谷さんとか、プロ奢ラレヤーとか。仕組みが全然わかってないけれど、彼らは信用があって、知名度があって、なんか生活できているらしい。

 

よくわからんけど、面白いなーって思っている。

 

んで、じゃあ一体どういう人がお客さんとしてこのサービスを使っているのかなんだけど、多種多様なケースが紹介されていた。

  • 犬の散歩に同伴してほしい
  • 励ましメッセージが欲しい
  • 自分が作った料理を食べて欲しい
  • カラオケで自分が密かにトレーニングしてきた曲を聴いて欲しい
  • 一人で行けないバーに同伴して欲しい
  • 一緒にテーマパークで遊んで欲しい
  • 旅行の買い出しと荷造りをするので同伴して欲しい

などなど。

 

こうやって見返してみると、全部友達とか家族で解決できるものだ。ってことは、みんなコミュニケーションや繋がりに飢えていて、意外にみんな不自由しているということが言える。

 

かと思いきや、そうでもないらしい。ちゃんと家族関係が良好で、友達もたくさんいるパターンもあるらしい。

 

じゃあなんでこのサービスが必要なんだろう。

 

放送で何人かの人が言ってたのは、「気を遣わなくていいからラク」とか「第三者だからいい」とか「普段の人間関係では聞けない本音が聞ける」なんてものがあった。

 

なるほど、確かにいくら仲が良くたって、今後の関係を考えるとできないこともある。いやむしろ、仲がいいからこそダメな時だってある。遠慮が重なって、本音が言えないなんてこともあるだろう。

  

そんな時に必要なのは、その時だけいてくれる都合のいい他者。特に何をしてくれるわけでもなく、緩くそこにいて、肯定してくれて、話を聞いてくれる存在。なんもしない人さん、癒し系のルックスだしなあ。。。

 

しかもこれ、お金交通費(と飲み食い代がある時は払う)だけだからね。敷居低い。これとはちょっと違うサービスだけど、代行ってえらいお金かかるからね。レンタルお兄さんするより、レンタルなんもしない人を呼んだ方が良いことも多いでしょう。まあ彼は「なにもしない」んだけど。。。

family-romance.com

 

そう言えば昔、京都のお寺で座禅していた時、定期的に連絡先を全部消す女性に会ったことがある。人との関係が煩わしくなってしまうんだと言っていた。面白い人間の心理。

 

なんもしない人さんは、「多様な相談に触れると、自分も存在していいんだと思えてラクになる」みたいなことを言っていたけど、それはわかる。私は海外に行くようになってラクになった。日本だけだったら窒息していた。多様さに触れるの大事。

 

ちょっと前に炎上もしたみたいだ。

togetter.com

本も出しているようだ。

レンタルなんもしない人のなんもしなかった話

レンタルなんもしない人のなんもしなかった話

 

 

一回利用してみても面白いと思う。